津山・美作周辺の観光スポット2 城下町津山(城東地区)

津山・美作周辺の観光スポット2

城東むかし町家(梶村邸)
出雲街道が東西に走り、その中に在るのがこの旧梶村邸。江戸時代の後期に建てられた母屋から昭和初期の蔵まで、各時代の生活様式に対応した造りが保存されています。
全体で梶村家の所有としては8つの建物があります。母屋と離れ、大きな座敷、洋風と和風の蔵、裏の客間(特別室)、茶室、そして洋館です。1928年に更に7m×34mの土地区画を西側の隣家から購入し、梶村家の所有地を31.5m×34mという現在の大きさに広げました。母屋は2階建てですが、2階は実際には物置として使用される低天井の屋根裏部屋です。家の前には小店があり、事務所や店舗として利用されていました。江戸時代(1603〜1867)、この辺りは板を張られていましたが、それ以前には土間(土の床)として放置されていました。家の東洋建築部分は、江戸後期に建てられ、洋館部分には、明治時代(1868〜1912)に、畳の間が加えられ、そして内装は、昭和初期(1930)に修繕されました。2階建ての座敷は大正時代に建てられ、現在の建物は極めて良好に保存されています。洋風につくられた東の蔵と家も、また大正時代に建てられたものです。後世の修繕は増築に限られただけではなく、建物正面や現存する建物の構造の変更をも含んでいました。石や木の格子細工(組格子・格子構造)は通りに面した元の土壁に付け加えられたもので、更に木製の補強(支え)が屋根の下に配置され屋根を9cmから15cmにまで上げています。
長い時代を通して、母屋は様々な修繕を施され、家は、その元々の形に復元するのは難しくなっています。それ故、必要な修復だけが施されてきているのです。梶村邸の建築は母屋の建築と共に江戸後期に始まり、洋風の蔵が建てられた昭和初期まで続きました。様々な増築と修繕は各時代の生活様式の変化を反映し、それ故、梶村邸は貴重な歴史遺産なのです。

城下町津山(城東地区) 
城跡と宮川の間に位置し、城東地区はたんご山の南下に広がり、城下町津山の東玄関にあたります。
中世、その地は林田郷と呼ばれ、栄えていたと言われています。1596年、この地は着々と開発され始め、1647までに城東地区は6町区を含んだ、林田町(はいだちょう)・橋本町・勝間田町(かつまだちょう)・中野町・西新町、そして東新町、 その地区の中央を貫いて出雲街道はうねり進んでいます。
城東地区の住民は近隣の村々と、広範囲に渡る品々を取引していました。
東新町は江戸時代から今日に至るまで 鍛冶屋で鎌・くわ・その他農機具を製造してきました。
江戸時代には中野町や西新町の多くの住民が津山から岡山県南部地域に品物を運ぶ高瀬舟を所有していました。
西新町はまた、日本の近代化学の基礎を築いた蘭学者箕作阮甫の故郷でもあります。
城東地区の北の上之町はかつての侍や彼らの家来や足軽達の居住区で、この地域を貫く主要道路は出雲街道に繋がっています。
1727年に米の生産高が低下し、それに併せて松平藩の統治力も低下したので住民の多くが流出しました。
しかし1818年、米の生産高が10万石(米計量の単位)に回復すると、人口は増加し、住民は再び戻って来たのです。
上之町の北の境界上には城東地区の大隅神社を含む6つの寺が次々と通りに沿ってならび、その地域に“東寺町”という名が与えられました。
出雲街道に建ち並ぶ家々の特徴は、その低さです。屋根も低く、そして木の格子戸と防火壁の藻土壁です。
なまこ壁と呼ばれる白い十文字装飾は川底の貝殻から作られ、しばしば豪商の旧家で見られています。


岡山県 津山・美作 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設があります。
津山・美作 楽天トラベル格安宿泊ランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。